ED(勃起不全)かな?と思ったら注意!心筋梗塞、脳梗塞になる確率が高くなります。

こんにちは。
インポ番長です。

 

私は現在36歳ですが、33歳くらいから自分の息子の元気がなくなってきました。今まではビンビンだった息子なのですが、30代に入ってから勃起した時の角度も下がり、息子に力が漲る(みなぎる)という感覚も薄れてきました。

 

そして35歳くらいの時にはもう勃たなくなってしまいました。

 

そこで私は色々な本を読んで勉強したのですが、実はインポ(ED(勃起不全))というのは、ただアレが勃たないという単純なものではなく、体全体に不調をきたしているサインであることがわかりました。

 

インポ(ED(勃起不全))になる原因は血行が悪化することがあるようです。

 

チンコが勃つ理由は、性的な刺激を受けるとアレに血液が大量に流れ込みギンギンになります。大量に流れ込んだ血液がチンコの中で収まり、継続的な勃起がおこなわれます。

 

 

ですがインポ(ED(勃起不全))の人は血行が悪くなってしまい正常にチンコに血液が回りません。そしてチンコに溜まった血液も上手に収めることができないため、すぐにフニャっとなったり、いわゆる「中折れ」という現象を引き起こします。

 

ですので実はインポ(ED(勃起不全))というのは「勃たない」ということ以外にも大きな原因があることがあるのです。

 

インポ(ED(勃起不全))になると3年以内に心筋梗塞、脳梗塞になる確率が高い?

先日読んだ本で

男性機能の「真実」
永井 敦 (著)

に書いてあったのですが、

インポ(ED(勃起不全))になると3年以内に心筋梗塞、脳梗塞になる確率が飛躍的に高くなるということが書かれていました。

 

男性機能の「真実」という本はAmazonで購入できます。

 

 

著者の永井 敦さんは病院の先生でEDについて長年研究している先生です。

 

その研究結果や患者さんを見てきて、インポ(ED(勃起不全))の人は血管に何かしらの異常があり、それによって病気を引き起こすという結果があるようです。

 

先ほども言ったようにインポ(ED(勃起不全))になる原因は血行悪化血管の老化血管に異常があるために引き起こすことが多いようです。

 

血管が詰まり正常に血液を流すことができないため、チンコにも血液を送ることができずインポになるということがあるようです。

 

 

ですのでインポ(ED(勃起不全))になったら「あ〜あ。勃たなくなったな。年かな?」と安易には考えず、少し深刻に考えた方がいいかもしれません。

 

もしだったら泌尿器科に受診してみるのもいいと思います。

 

インポで医者通いというのは男として恥ずかしいことですが、命を守ることを考えたら恥ずかしいなんて言っていられません。綺麗に命を落とすくらいだったらまだいいですが、脳梗塞になり半身不随などの障害が残りながら生きていくのは自分にとっても家族にとっても辛いことです。

 

ですので早めに対処はしておくといいでしょう。

 

 

インポを治したかったら食事にも気を使う

インポになりやすい人の特徴は以下のような人です。

 

インポになる人の特徴
  1. ストレスを抱えている
  2. 食生活が乱れている
  3. ファストフードばかり食べている
  4. 睡眠不足

簡単に言えば、不健康で不規則な生活をしている人がインポ(ED(勃起不全))になりやすいです。

 

ストレス

ストレスは血液をドロドロにしますので良いことがありません。仕事や家庭内でストレスを抱えている人は血行が悪くなりうつ病になりやすくなったりいろいろな病気になりやすくなります。当然インポ予備軍です。

 

食生活

食生活が肉や化学調味料の多いものを食べていることもよくありません。ラーメンやスナック菓子などは油の塊ですしコレステロールが溜まります。コレステロール値が高くなれば血液はドロドロになりますし、血管を詰まらせてしまう原因にもなります。

 

食事は野菜中心にして、肉を魚に変え、大豆などをたくさんとると良いでしょう。やはり日本食というのは健康的な食事です。

生野菜、焼き魚、ご飯、味噌汁、お漬物(発酵食品は健康にも良い)などを積極的に取ると血行も改善されます。その結果インポも改善されていきます。

 

時間もかかり、効果がすぐに現れるものではありませんが、食生活改善はとても大事なED治療法です。

 

ファストフード

たまに食べるファストフードであれば良いと思いますが、頻繁にファストフードを食べることはよくありません。

ファストフードには油が多いですし、化学調味料もどっさりと入っています。これが体に良いはずがありません。

簡単に食べれますし美味しいのでファストフードは食べたいですが、こういった食事を頻繁にしているとインポ(ED(勃起不全))になる確率は一気に上がります。

 

ファストフードはできるだけ避けましょう。

 

睡眠不足

寝ている時に人の体は作られます。

日本人は長い睡眠を悪と考える人が多いです。

長く寝ていると「だらしない」「やる気がない」と悪く言われますが、海外では睡眠を大事にしていますし、より質の高い睡眠をするように心がけている人が多いです。

長く寝て、しっかりと体を休めることはとても大事なことです。

 

仕事が忙しかったり、ストレスが多くてなかなか質の高い睡眠ができていない人もいるかもしれませんが、できるだけ良い睡眠を心がけましょう。

 

良い布団にしたり、自分の体に合った枕にすることも良い睡眠に繋がります。また寝る時にヒーリングミュージックをかけながら寝ると深い睡眠を得ることもできます。

 

 

まとめ

このように「チンコが勃たない」「チンコの元気がない」という症状が起こったら、少し警戒が必要です。

 

「年をとったかな?元気がないのはしかたがないのかな?」と安易に思わず、少し深刻に考えてみましょう。

 

60代、70代でもチンコが元気すぎる人も中にはいます。ですのでインポは年齢だけが原因ではありません。

 

インポになる原因は体になにかしらの不調をきたしていることがあります。

 

 

体に良いサプリメントを取ることもおすすめ

年を重ねると体に必要な栄養素を効率的に摂取することが難しくなります。ですので積極的にサプリメントを取ると良いですね。

 

下半身に良いサプリ
  • 亜鉛
  • コエンザイムQ10
  • ビタミンB群
  • ウコン
  • レスベラトロール

こういった栄養素が入っているサプリメントは下半身を元気にしてくれます。

 

最近は下半身を元気にするサプリメントもたくさん販売されていますね。

 

私はギムロットαというサプリメントを積極的に飲んでいたらインポがだいぶ改善されました。

ギムロットαはインポで悩んでいる人やもっとポコチンに力を与えたいという人が飲むサプリメントです。

 

少々値が張りますが、こういったサプリメントを継続的に飲むと体調も良くなりますし、ポコチンも元気になります。私はお勧めします。

 

ギムロットα公式サイトはこちら
食生活に気をつけ、チンコに良いサプリメントも取り入れながらぜひインポを改善するように頑張ってください。

 

インポになると心筋梗塞、脳梗塞になる確率が高くなり飛躍的に高くなります。

 

血管年齢を若くし、元気なチンコを見せてください。