【出会い系攻略法】キャッシュバッカー、業者、援助交際を見極める方法

こんにちは。
インポ番長です。

 

今回は出会い系でキャッシュバッカー、業者、援助交際目的の女子を見極める方法について詳しく解説していきます。

 

出会い系には純粋に出会いを求めている人も多いですが中にはキャッシュバッカーや業者なども混じっている場合があります。そういった人とやり取りしても当然出会えませんしお金を失ってしまうだけです。

 

ですので出会い系サイトを利用するときは業者やキャッシュバッカーを見極める方法を習得しておくと良いでしょう。

 

この記事ではそれに関して詳しく書いていきます。

 

出会い系にはお金を稼ぎたい女子も多い

 

出会い系サイトには様々な男女が登録していて、こっそりといろんな出会いを楽しんでいます。

 

 

割合的には、最近は女性の登録している人が増えてはいますが、圧倒的に男性が多く、男性たちの中でも彼女を見つけたいと思っている人や、こっそりと不倫を楽しみたいと思っている人がいます。

 

 

ですがかなりの数の男性たちが、お金を払って女性と知り合って一度限りのエッチを楽しみたいと思っている人も出会い系サイトに登録をしています。

 

 

そのため、出会い系サイトには業者と呼ばれる援助交際を目的にしている女性や、キャッシュバッカーと呼ばれているメールのやり取りだけを行なうアルバイトの女性たちも多数登録しています。

 

 

私も複数の出会い系サイトを利用していますが、どこのサイトでもこれらの女性たちは間違いなくいる感じで、彼女たちはある意味で出会い系サイトにはなくてはならない存在になっています。

 

 

出会い系で援助交際の女性を見分ける方法

 

まずは援助交際の女性たちですが、普段の利用の中で見分けるのは簡単で、簡単に見分け方を紹介します。

 

 

彼女たちは年齢的には20代から35歳ぐらいまでの年齢の女性で、共通しているのはプロフィールには可愛い女性や美人の女性の顔写真が貼られていて、プロフィールコメントにも男性を刺激するような内容が書かれています。

 

「エッチが好きで、素敵な男性にすぐにでも抱かれたいの~」

「最近は欲求不満で、すごくしたいの~」

的な内容になっていて、自分のエッチ度は高くみせて欲求不満の女性のフリをしています。

 

 

援助交際の目的の女性は、手当たり次第に男性たちにメールを送ってきて、こんな内容です。

誘いのメール

 

 

誘いのメール2

 

彼女たちのメールを返信しますと、すぐに、

「都合のいい日にちを教えて~すごく会いたくなっちゃった!」

と返信されてきます。

 

 

数年前からこれらの業者に混じって、普通の女性たちも援助交際まがいのアルバイトを始めていますし、大人の女性になると、

「経済的に苦しいので、お助けありでお願いします~」

とプロフィールに書いていて、お金を払って抱かせる女性も目立っています。

 

 

やはり彼女たちのプロフィールも、

「最近、主人が構ってくれなくて、とても寂しいの~」

「まだまだ女性として男性に愛されたいの~」

と書かれていて、やはり魅力的な顔写真やバストやお尻などの画像がアップされています。

 

 

援助交際などを目的にしている女性たちに共通しているのは、プロフィールの内容だけでなくいくつかの共通点があります。

 

 

援助交際女子の共通点

 

まずは相手の対象年齢が、誰でも良いと幅広い事です。

 

これは少しでも稼ぎたいので当然ですが、一般的な人たちはある程度の年齢の希望があるはずなので、すぐに業者だとわかります。

 

日記機能は使わない女性は怪しい

次に日記などのサイトの機能を全く使っていない女性は援助交際目的の確率が高いです。

 

多くの普通の出会いを探している人には、サイト内にある日記の機能はとても大切なもので、業者などの女性はそのようなものを使って相手を見つける必要もなく、一切利用していないです。

 

顔写真を載せるプロフィールも怪しい

顔写真をプロフィールに載せている女性もかなりの確率で援助交際です。

 

さすがに出会い系サイトも市民権を得てきましたが、やはりこっそりと利用する意識が高く、自分が登録している事を友人などに知られたくないのは当然で、顔写真を掲載する人は本当に少数です。

 

 

キャッシュバッカーの見極め方

 

援助交際以外で、男性の利用者にとってやっかいなのが、キャッシュバッカーと呼ばれる女性です。

 

男性は女性にメール送信するのには最低でも一件50円以上のお金がかかり、当然ながらこれはサイト運営会社の貴重な儲けになります。

 

サイト運営会社は、男性が少しでも多くのメールを女性に送る事が必要で、アルバイトのサクラを使って男性にメールを送らせるように仕向けます。

 

これらの女性は年齢もまちまちですし、プロフィールには顔写真なども載せていない人も多く、一般の登録者のフリをして男性とのやり取りを始めます。

 

サイトによってキャッシュバッカーの数はまちまちですが、大手の出会い系サイトの中でも明らかに多いと思われるサイトがあります。

 

ある程度プロフィールを見れば予想は出来て、やはりエッチ度が高く欲求不満を装っている女性は怪しいです。

 

彼女たちは、アルバイトなのでメールの内容が全て味気なく、何かを女性に質問しても、

「そうですね~」

などの簡単なコメントしか返ってこなかったり、相手の事を質問してもくる事が無いのが特徴です。

 

こんな感じのメールですと、やめた方がいいです。

 

簡単なやり取りをしてくる女子

 

男性に対して、最初の頃は興味があるそぶりやコメントをくれますが、次第に事務的な内容になってきます。

 

 

女性とのメールのやり取りが、ダラダラとして来たと感じる場合は相手がキャッシュバッカーだと思ってやめる事が重要です。

 

 

当然ながら、彼女たちはメールを送らせるのが仕事ですから、ラインのやり取りをする事はないです。

 

 

出会い系サイトには、様々な仕事を目的にしている女性がかなりの数いますが、間違いなく普通の女性たちもいます。

 

 

やり取りが始まっても、なかなか2人の関係が進展しないなと感じたら、すぐにやり取りをやめて違う相手を探す切り替えが必要です。

 

このような感じで今回は援助交際目的の女子とキャッシュバッカー目的の女子の見極め方をご紹介しました。

 

私は出会い系を使い倒しているので痛い目にも遭っていますが、それでも良い思いもたくさんできています。

 

出会い系は業者やキャッシュバッカーなどの不審な行動に注意すればちゃんと純粋な女性と出会えます。

 

出会いを求めている女子はたくさんいるのでぜひ利用してみてください。